無料ブログはココログ

2010年1月29日 (金)

前世チェック

昔から占いはすごく好きなんですけど、
最近特にこういう「自己分析系」の占いをよくします。


「自分の強みをどう活かすか」とか「どんな風に見られたいか」などを考えるとき、
こういうのって結構参考になったりします。
あまり好きではない言葉ですが、自己ブランディングを考えるときには、です。


自分で考えるときってやっぱり1人称になってしまいますからね。


で、最近みつけた「前世チェック」
これはよくある生年月日ではなく、質問に答えていく心理テストタイプの診断です。


ちなみに私は


「激動の戦国時代を駆け抜けて命を散らした武士」


でした。ちょっと激しすぎやしないかしら。

以下、コメントです。


あなたの前世は戦国時代を生きた武士のようです。
あなたは勇敢な心の持ち主で、主人の元に集い、賢明に戦いましたが、時代は下克上。
思わぬ敵将の出現に、あなたが属していた隊は壊滅状態となりました。
家族への思いを胸に、戦場で静かに眠るように死んでいったのです。


しかし、数百年のときを経て、あなたは現代世界に転生しました。
この時代であなたがやるべきことは、まさに戦国さながら、自分の知力と体力を限界まで振り絞り、競争社会に打ち勝つことです。
強い敵に向かったときに、あなたの心に眠る武士の血が騒ぎ出すことになるでしょう。



そんなに負けず嫌いではないのですけどねぇ。

2007年10月17日 (水)

厄年には七色

今日は例によって南港で研修があったため、昨日大阪入りし、今東京に帰ってきました。

昨日はせっかく関西に行ったので友達の元タカラジェンヌと梅田でご飯。

彼女は高校時代からの友達で、宝塚音楽学校に入ってからも、初舞台のときも、そして退団するときもずーーーっと10年以上応援してきました。おかげで宝塚にはちょっと詳しいです。私。

その彼女、宝塚を退団して今はOL。トップスターはそのまま女優になったり、舞台にたったりしますが、やはり普通にOLになったり、ダンスの先生になったりするケースが多いそう。

中には彼女の後輩で、宝塚を5年でやめてボストンに4年間留学し、今ではゴールドマンサックスでバリバリ働いている人もいるそう。宝塚は男役でだいたい7~10年くらい、娘役でも5年は在団する人が多い中、かなり早く見切りをつけているケース。

余談ですが、宝塚はトップスターがすべて。脚本から何からすべてトップスターがかっこよく見えるために作成されている。トップが歌がニガテであれば歌のシーンを減らし、ダンスがうまければダンスシーンが多くなる。トップ以外はその他大勢、とまではいいませんが、早々に見切りをつけて別の道に行くのも手だなぁ、と。

そして彼女が退団してから会うのは今日が初めて。

久しぶりにあった彼女はスーツを着て会社に行く格好をしているし、髪は茶髪(時には金髪のときもあった)から黒髪へ。

「で?どこにいく?」とさすがジェンヌ。動きがきびきびしている。おまけに姿勢のよさは尋常じゃない。

久しぶりの再会でお互いいろんな話で盛り上がりました。彼女のリアクションは大きく(注:宝塚時代は男役)かなり笑える。そんな彼女がいろいろな色の石が埋め込まれたライターをもっていたので「かわいい~、これ。どうしたの??」と聞くと

「厄年には七色のものを持ったらいいのよっ!」と力説。

そしてさらに見せてくれたのはブレスレット
Img_01















「はい、1色、2色・・・・・透明入れて七色でしょ?」と。

えぇ?ほんとなのー??彼女昔からちょっとオカルティなところがあったので、半信半疑で聞いていました。

家に帰って調べたらやっぱり厄年の方は七色のものを持つといいみたいです。
厄年についていろいろ書いてありますが、下のほうに七色を持つといい、と書いてあります。
http://allabout.co.jp/family/ceremony/closeup/CU20070105A/index3.htm

ちなみになぜ七色なのかというと数字の8.9を「やく」と読み、7という数字は8,9(やく)の前だから厄がない、縁起がよいとされたそうです。

女性は肌身離さずつけられる長いもの、お財布など。うろこ模様もいいみたいです。
なので、最近はネックレスやストラップなどをプレゼントすることが多いらしいです。

ちなみに男性はお財布やベルトみたい。

私も来年厄年。女性なら数え年(0歳=1歳)で19歳、33歳、37歳ですね。

買ってみようかしら。

2007年9月30日 (日)

願い事がかなうあっっと驚くゲーム

ある人のブログを読んでいたらこんな文章が載ってました。

なんか最後に「これを読んだ後に1時間以内にブログに貼り付けないと願い事と逆のことが起こるでしょう」なんて不幸の手紙みたいなことがかいてありましたが。

そして小心者のあたくしは1時間以内にブログにはってます(笑)。

ブログをもっていない方は願い事は軽めなものにすることをオススメします。でもほんとにあたってるし、おもしろいので、ぜひやってみてください。

*************************

このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたったの10分で願い事が叶ったそうです。


このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。

約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。たったの3分ですから、ためす価値ありです。


まず、ペンと、紙をご用意下さい。先を読むと、願い事が叶わなくなります。



1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。



2)1番と2番の横に好きな3~7の数字をそれぞれお書き下さい。



3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく)


必ず、1行ずつ進んで下さい。先を読むと、なにもかもなくなります。



4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。


まだ、先を見てはいけませんよ!!

8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。



5)最後にお願い事をして下さい。



さて、ゲームの解説です。








1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。

2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。

3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。

4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。

5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。

6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。

7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。

8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。

9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。

10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。

これを読んでから、1時間以内にブログに貼り付けなさい。

そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、送らなければ、願い事と逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが、当たってませんか?

**************************

…というようなゲームでございます。私は恐ろしいくらい当たっていて「うぉぉぉ~!」と叫んでしまいました。なんなのー!すごいんですけどー。

ちなみに私は4、5、6に書いたのは全部女友達(笑)。でもあたってる~。大切な人。

8番に書いた歌はミスチルの「Sign」。そんな人だったらいいな~。

10番に書いた歌はサザンの「Chirstmas time forever」。私の心はクリスマス?!

そして11番は・・・・・・今井美樹の「Pride」でした☆

2007年8月17日 (金)

時計にまつわる心理テスト

ただいま大阪です。明日には東京帰りますが。

空港に行くときに有楽町を経由するので、前々からずーーっと買うかどうか迷っていた時計を見にいきました。

これ。
070816_1753

デザイン時計です。ブレスレットにもみえる時計。なのでお値段は結構安いんだけど、ものすごい迷いつつ購入。

私はいつも同じ時計をしているんだけど、そろそろ洋服に合わせて時計を変えたりしたらおしゃれだよなぁ~、と思って。

でもこの1万円前後のデザイン時計ってはやっているんですね。いろんなところでみます。このお店も他にもたくさんありました。

時計といえば、何年か前にはやった心理テスト。

「時計はあなたにとってどういう存在ですか」

おもしろかったので、いろんな人に聞いてみると・・・・。

「大好き」「とても大事」「時間がわかればいい」「できればしたくない」「しない」などなど。

これ、異性に対する考え方らしいです。

いろーんな人に聞いてみましたが、あたってる!と思ったのは、マイナスコメント。

時計に対して「締め付けられるからイヤ」とか「しない」といった人、だいたい「この人束縛されるのイヤそうだな~」という人たちばかり(笑)。

ちなみに私は「それほど強いこだわりは持っていないけど、一度つけたらずっと同じものつけてるなぁ」と。

なんか優等生的な答えでつまんないけど。どうなんだろう。あたってるのかしら(笑)。

2007年8月 7日 (火)

東京大神宮その2

日曜日またしても行っちゃいました。東京大神宮へ。年始に高校時代の友達といったんだけど、今回は前の会社の後輩と。なんでも彼女の妹さんが妊娠したので、その安産のお守りを買いに。

安産といえば水天宮なのですが、最近恋愛に前向きな彼女は(笑)、さらに勢いづくために(たぶん!)良縁の神様がまつられているという東京大神宮に行くことにしました。

それにしても暑かった!!35度くらいあったのでは!というくらい。飯田橋の駅から5分くらい歩くのですが、その間も汗だく。「う~、この時期に行くのはつらいですねっ」といいながらがんばってようやく到着。

ものすごく暑かったのに参拝客は結構いました。20代前半だと思われる女の子たちやら年配の方やら。「なんでこの時期にみんなくるんだ??この若い女子たちは!」といいながら参拝しましたが、参拝している間ももう1秒たりともじっとしていられないくらい暑い。

そして恒例の「恋みくじ」をひかなければ!と思い行ってみると、群がっている女子たち。そしてそこにいる神社の人たち(たぶんバイト)も暑さのせいかぼーーーっとうつろな目をしている。

この暑いのにクーラーもきいていない、外でのバイト大変だなぁ、、と思いつつおみくじの番号を伝えると、そのぼーーーっとした彼らは耳が遠くなっているらしく、いっこうに聞き取ってくれない。「三十番!三十番!」と暑さのあまりどこかの競市のような勢いで言っている自分に「そこまでおみくじ引きたいんだっけ??」と思いながらおみくじをチェックしてみると・・・・

「小吉」。ちぇっ。なんだよー、と思いつつ見てみると、結構いいこと書いてあったのでゴキゲン。ちなみに前にも書きましたが、この東京大神宮のおみくじで大吉を引いた人はその年に彼氏ができるとのこと。実際私の友達も大吉を引いた2人はその年に彼氏ができたようです。ちなみに私も今年は大吉をひきました☆

この「恋みくじ」は普通のおみくじと書いてある内容が違う。普通のおみくじは「願望」「失物」「旅立ち」「商売」などなど幅広く書いてあって、恋愛関係の項目は「待人」「恋愛」「縁談」しかない。

一方この「恋みくじ」は星座、血液型、年齢差、干支、待ち合わせ、縁談、結婚などなど。なぜか最後に「学問」があるのが不思議だけど。

小吉だった私のおみくじには魚座、B型、同い年か近い年、待ち合わせは海辺のレストラン、とまぁこんなかんじでした。海辺のレストラン・・・・・この季節夜いいかも。
でも年齢差と干支の両方がかいてあると矛盾しやすいのになぁ・・・とか思ったり。

ちなみに最後の学問「数学と英語の復習を必ず几帳面にやること」でした(笑)。「必ず」「几帳面に」ねぇ・・・・。力はいってますね。

2006年11月 3日 (金)

また占いに行っちゃいました

占いに(笑)。もういったいいくら占いに費やしているのかしら!
でもおもしろかったです。毎回満足。
内容は・・・・仕事のことをメインに聞きました。でも答えは


「悩んでください」


だって。4月ぐらいまでには決断したい、という話をしていたら「それまで大いに悩んでください」と。

「今の職場は女の人たちとの関係が居心地がいいと思っているのよね。そしてそれは新しい職場にはありません。ただ、その声をかけてくれている先輩は信頼していい方だし、向こうもとても熟考してあなたを選んでいます。大丈夫。転職してもいいと思いますよ。『悩んでください』といったのは一度辞めた道だから次に行くときにはまた違った形であなたは働けるはず。その間に様々な経験をしているはずだから。それを4月までによくイメージすること。そうしないとまた流されて終わってしまうから」

ということでした。とても的を得ている。すごいと思った。前にも書いたけど、占いってやっぱり背中を押してくれるものなのよねー。

ちなみに恋愛運をみてもらったときに「あなた本当に結婚したいと思っているの??」と3回くらい聞かれた。とてもそうは見えないみたい。もう少したったら自分自身の中でタイミングが来ると。それまで冬眠だってー。あー。

それにしてもその占いは占い師さんのご自宅でやったのですが、超高級マンションでした。2LDKで日当たりがよくって、マンションの1戸1戸が離れたつくりになっていた。うらやましい!!占いの内容よりも、「どうやったらそんな暮らしができるんだろう・・・」という方に目が行ってしまったわ。

2006年6月 1日 (木)

占い好き☆

またいっちゃいました。占いに。行きつけの占いが自由が丘にあるんですけど,かれこれ3年ぐらい通っています。でも大体3ヶ月に1回くらいなので,まぁそんなしょっちゅうというわけではないんですが(でも1年に4回って多いか・・・)

ほかにもいろいろいったことがあるんですが,待合室がどうもニガテです。・・ってそりゃそうですよね。なんかその・・・・ビミョーな雰囲気なんですよ。まぁみんなそれぞれ悩みがあってきているわけだから,なんとなくビミョーな雰囲気になるのは仕方がないんですが。

まぁそうはいっても今にも「自殺するんじゃないの?!」みたいに目がイッちゃってる人とか,ほんと切羽詰ったくらーい感じの人がいて

「大変だよなぁ,,占い師も客選べないし」なんて妙に同情的になってしまったりする。

そういう人をどうやってその気にするんだろう・・・・と思いながら占い師のトークに聞き入ったりして(笑)。

私なんてそんな切羽詰った状態ではなくいっつも「どーもぉ。どうですかねぇ,私の恋愛運」みたいなかるーいノリなので,占い師にとってもいい客だと思う(笑)。

そして私は断然タロット派。生年月日とかで見る四柱推命とか持って生まれた宿命みたいなのは興味なし。

「今どうなの!?これからどうなるの!?」ということが知りたいので,今の状況が如実に表れるタロット派です。

これがマジあたるんですよ。まぁあたる,というかうすうすわかっていることがカードに出るんですけどね。あまりにも占いに行き過ぎて最近はタロットカードの持つ意味がわかってしまうようになってしまいましたが(笑)。

占い師の方と「これはこういう解釈ですかねー」なんて話しながら。それが楽しいのです。

でもこの間は今好きな人との相性が知りたくって宿命の相性を生年月日でみてもらったのですが,その人との結婚はダメだっていわれちゃいました。あは。

でもタロットで見てもらったら「あら。彼はねぇ,あなたのこと大好きですよ,これ。もう始まってますよ」といわれて有頂天☆

こーなったら相性かえてやろーじゃん!みたいな(笑)。そんなこんなでまたしても前向きにおうちに帰りました。

いやー,なんか占いって正直気休めだと思うんですよね。ほんとーに切羽詰っているときは占いはオススメしません。ほんとに悩んでいるときに悪い結果が出たら気分的にもマイナスになっちゃってほんとに悪いことがおこる。

でもやりたいんだけど,勇気がでない,とかの場合は占いに行っちゃう。背中を押してもらいたいときは気分もそっちのほうに向いているから不思議といいカードが出たりするんですよ。

あー,でもほんとは「わたし占いになんて行かないわ」って人になりたい。

カッコイイですよね。自分の人生自分で決めてます,みたいな。

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31