無料ブログはココログ

2010年5月26日 (水)

圧力鍋はすごい!

お祝いに念願だった圧力鍋をいただきました
やったー


近所に住む同僚のNちゃんが
「圧力鍋だったらT-FALだよっ!」と力説してくれたので、
T-FALをリクエスト


41yhsuzi33l__sl500_aa300_

お鍋のふたがサイボーグみたいで仰々しい感じなんですけど、
でもこれがいい仕事をしてくれているんです。


早速料理したのは、このレシピ集のなかのビーフシチューと豚バラ肉と
ひよこ豆のトマト煮込み。
51e5b7uhl__bo2204203200_pisitbstick

ビーフシチューは10分、豚バラ肉とひよこ豆のトマト煮込みは5分、
放置時間を入れると結局30分くらいはかかるんですけど、
時間短縮もそうですが、

「おいしい!」


とても好評でした。


次はまだ一度も作ったことがないさばのみそ煮でも作ろうかしら~。

2008年5月10日 (土)

有機野菜宅配利用してみました~Oisix~

毎週日曜日の午前中に近所のスーパーで『野菜特売』があり、
いつもそこで、次の週の分の野菜を買っていました。

でもなんだか最近は自炊することが多いせいか
(というか夜家にいることが多い 笑)
ものすごい量、スーパーの袋大3つ分くらいに
なってしまい、ヨレヨレになりながら帰宅。

まぁ、もちろん野菜だけ買っているわけではなく、
なんだかスーパーに行くとワクワクして
いろいろ買ってしまうからなんですけど

スーパー好きなんですよね~

でもなんか買いすぎてしまうし、疲れるし、
有機野菜の宅配なんぞ利用してみようかしら、と思い立ち
ちょっと気になっていた『Oisix』を注文。

気になっていたのは実はOisixの社長なんですが(笑)。

前にテレビで偶然みたのですが、
社長の高島宏平氏は東大→東大大学院→マッキンゼー(2年)→起業
という経歴の持ち主。
プロフィールらしきものはコチラのサイトにも出てます。

テレビでは
年収が250万に激減するのも覚悟で、
しかも東大卒なんて最初は農家の人たちにも
「野菜の何がわかる!」と全然相手にされず、
それでも使命感を持って日々畑に通い、
今の事業を軌道に乗せた、と。

それをみたとき私はいたく感動し、
「いつか食べてみたい!」と思ったのを思い出したのでした。

あ、ちなみに注文する前には
比較サイトを見てみました。
◆宅配野菜の比較サイト
◆食材宅配!お取り寄せ~安心食材比較
◆ミツカルサイト

そこには

お試しセットをいろいろ試してみること

と書いてあったので、とりあえず今回はまずOisixを。

そして今日、届きました。
注文したのは『Oisixプレママお試しセット』
お試しセットは3種類くらいあるんですが、
プレママの方が野菜だけではなく、はちみつりんご酢や
お菓子があったから(笑)。

届いた食材は

◆新じゃがいも・・・1袋300g
◆はちみつりんご酢・・・125ml3本
◆豚肉・・・200g
◆ぶなしめじ・・・1パック100g
◆アスパラガス・・・1束100g
◆河内晩柑・・・2玉
◆たまご・・・6個
◆ピーチかぶ・・・1束500g
◆絹豆腐・・・80g×4パック
◆うのはなクッキー・・・20枚
◆釜揚げしらすツインパック
◆ほうれん草・・・1袋200g

これで2900円。
お試しセットは通常よりも1100円くらい安くなっているので、
安いかな、という感じはしますが。

そしてさっそく食べてみました。いろいろと。
ほうれん草やピーチかぶは「まずはそのまま食べてください」とかいてあったので
サラダに。
そして食べてみると・・・・・


なんじゃこりゃーーーーー!!!


かぶが、
ものすごく甘い!
おいしい!

高島さん、おいしいです!

これ、生でいくらでも食べれますよ、ほんと。

ほうれん草も同様。
葉っぱのなんていうか、芯、というか茎?というか
そこがもう、しゃきしゃきなんですよ、シャキシャキ。

これらにはお醤油にごま油を少したらしたものをかけて
いただきました(Oisixお召し上がり方より)

そして卯の花クッキーも卵やバターを使わず、
小麦粉におからと豆乳を練りこみ、焼いてあります。

おいしい!

そして卵はもちろん日本人誰もが愛する『卵かけごはん』
これにしらすとお醤油加えていただきました。

おいし~い


豚肉も塩コショウのみの味付けで。

もうすべてがおいしくて、食べ過ぎました。

Oisixは入会金、年会費無料ですし、
定期便でパックで注文しても、
その中から好きなものを選んだり出来るし、
もちろん1品から注文できますし、
便利です。

ただ・・・・・・・・問題は価格、ですかね。

確かに品物は厳選されているし、おいしいですけど、
やっぱりちょっと価格が高いような気がします。

次は『らでぃっしゅぼーや』と『大地宅配』など試してみようと思います

2008年4月21日 (月)

すごいよ、ル・クルーゼ

とうとう買っちゃいました!ル・クルーゼ。

使っている人は「いいよ~」っていうし、
ずっとずっと気になっていたんですが、

「鍋に3万払えるか!」と思って買えずにいました。

が。

先日楽天(←ここ重要)で40%Offのル・クルーゼを発見!

Cocotord_2














結構チェックしていたのですが、だいたい25%~30%Offが多くて、
しかも色もいいのがなくて、買えずにいたのですが、
ほしかったレッド発見。

大きさはちょっと大きいかな~、と思ったのですが
22センチも24センチもほぼおなじ値段(割引率が違っていて)
だったので、24センチを購入。

しめて18000円ナリ。

さっそくパスタをつくってみたのですが、
おいし~い

熱伝導がよく保温性が高いので、ソースを作る段階で
ペンネを乾麺のまま入れてOK。

うちは1口コンロなので、鍋一つでつくれるこれはかなり楽チン。

ル・クルーゼはおいしい、とは聞きますが、
それだけではなく、 結構かなりとっても楽。

これで私の料理の腕もごまかせるかしら。

しかもこげてもさっと洗ってすぐに取れるところも
お気に入り。ほんと優れものですね~。

しいて言えばちょっと重いかな、と思うところありますが、
別に手が腱鞘炎になるほどでもないし、
普通に洗えます。大丈夫。

次はこの本のレシピを作ってみようと思ってます。

「ル・クルーゼ」だから、おいしい料理 Book 「ル・クルーゼ」だから、おいしい料理

著者:平野 由希子
販売元:地球丸
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2008年3月30日 (日)

おいしいもの三昧な週末

おいしいもの三昧な週末でした。

土曜日は急にサムゲタンが食べたくなり、麻布十番の『グレイス』へ。

ここはモデルのSHIHOもよく行くというお店でして
前から気になっていたところ。

コラーゲンたっぷりのサムゲタンが食べられるということで
サークルの友達と3人で行きました。

じゃじゃん!

20050626grace7








う、うまい。

もう一つスペシャルサムゲタンがあったのですが、
そちらは高麗人参てんこ盛りのようなので、普通のにしました。

超健康によさそう!
前に韓国行ったときに食べたサムゲタンが忘れられず、
そのときはサムゲタンを食べた次の日に
お肌つるつるになったことが忘れられず、
今回も期待してます!

こちらのサムゲタンはそれほど薬草くさくもなく、さらっとしてます。

あっという間に完食。

これ以外にもチヂミやらなにやらぜーんぶおいしかったです。

予約必須。

予約なしで来た人たちはことごとく断られていました。満席で。

土曜日でしたが8時過ぎくらいが混みどきですよー。

*************************

そして日曜日は、以前ペニンシュラで結婚式を挙げた
新婚夫婦のおうちに遊びに行きました。

えぇ、白金ですよ、白金。

マンション13階。

とにかく窓の多い部屋で、眺め最高。

そこで奥様の手料理。

野菜のゼリーよせ。コンソメ効いてておいしー

Image076












そしてラタトゥユとアボガドとバナナのディップ
Image077












さらにさらに・・・・・
タラのアクアパッツァ、だそうです

Image078_3












写真に撮るのをすっかり忘れてしまったのですが、
この日のヒットは「ほうれん草のココナッツみるくカレー」でした。

教えてもらったレシピです

*ほうれん草ココナッツみるくカレー*
材料
・ほうれん草 1パック
・ココナッツミルク 1カップ
・水 1カップ
・固形ブイヨン 1/2個
・カレールー(粉状のもの) 大匙2杯

ほうれん草をオイルなしで炒めて、
ちょっとしんなりしたくらいで、ココナツミルクを1カップと、
水1カップと、固形ブイヨン1/2個で
煮ます。

ミキサーにかけて滑らかにしたらなべに戻して、
カレールーを大匙2杯入れて、滑らかにとけたら出来上がり。
おしまい。

だそうです。

超美味なんで、今度家で作ってみよう。

私の友達はみーんな料理のうまい人が多くて、
ステキな奥様しているんだけど、
結婚したらみんなうまくなるんでしょうかねぇ・・・・不安。

でも友人の共通項としてはみんな食いしん坊、ということなので、
食いしん坊は料理がうまいのかもしれません。

2008年1月22日 (火)

心癒されるスープ

思いのほかうまくいったのでご紹介。『かぶと手羽先のスープ』。食べると癒されます。ホント。

作り方は超簡単。なぜならスーパーに行く前に立ち読みで作り方を暗記して作れちゃったから。

*材料*
<メイン>
・手羽先
・かぶ
・ねぎ

<調味料系>
・鶏がらのスープ
・にんにく
・しょうが
・お酒

※食べたい野菜があれば追加で。私はしいたけをいれましたー。

量はすべて適当。食べたいだけ作ってください。
にんにくは1片、しょうがは小さじ1杯くらいでいいと思います。

*作り方*
①手羽先は下味で塩コショウをしておいておく。
②その間に材料を切る。
③鍋に油をしき、手羽先の表面をちょっと焼いて、お酒をちょっと(カップ1/4くらい これも適当!)入れて蒸す。
→ここポイント!
この③でスープになったときに鶏肉がプリプリのやわらかくなるかがかかっているので重要です。
④鍋に追加でお水を入れて、にんにく・しょうが・野菜を入れて30分煮る。(途中あくとり必要)
⑤適当なタイミングで鶏がらスープをいれます。量は味見しながら。だいたい1鍋小さじ3~4杯くらいでいいと思います。

コラーゲンたっぷりのスープの出来上がり。しょうがが効いてるし、お酒でまろやかだし、かぶはとろとろだしすごくおいしいスープです。

Image039









でも男の人はあんまりこういうの好きじゃないかもですね。女の子向けスープです。

2007年8月18日 (土)

タイカレー

タイカレーってなんでこんなおいしいんでしょう・・・。高校時代の友達の家で、おいしいタイカレーを食べたのをきっかけに作り方を教えてもらい、私もタイから買ってきていたペーストを使って作ってみた。

彼女は大のタイカレー好きで、私がタイに行ったときも「スーパーにあるカレーペースト全部買ってきて!」といわれて大量購入したくらい。

超簡単!所要時間15分くらい。

*材料*
・カレーペースト(一袋)
・サラダオイル(大3)

・とり胸肉(大1枚)
・なす(3つ)
・フクロダケ
・赤・緑ピーマン

・水(300CC~400CC)
・ココナッツミルク缶(1缶)
・ナンプラー(大2)
・砂糖(少々)

*作り方*
①鍋にサラダオイルを入れて、あたためてからカレーペーストを入れて弱火でいためる(1分くらい)
②ピーマン以外の野菜を①にいれてさっといためてから水をいれ、鶏肉が軟らかくなるまで煮る。
③残りの材料を全部入れて、最後にピーマンをいれて火を止める。

ココナッツミルク缶ってどこに売ってるんだろう、と思ったらどこのスーパーでも売ってるんですね。でもカルディが安かったです。

これとご飯を冷凍しておけば、平日仕事が忙しくてもご飯が食べれるので便利。

2007年6月26日 (火)

料理がうまくなりたいんです

最近料理にはまっています。というかがんばっています。昔から仕事が出来てお料理も「ふふ~ん」って出来る女性ってステキだよなぁ、、、と思っていましたが、なにしろ実家暮らしだったので、なかなか料理をする機会もなく。
それでも時々母親に教えてもらいながら作ったこともあったのですが、もうそれこそ殴り合いでも始まるのではないか!というくらい相性が悪い。いつもケンカになり、食べるときにはものすごい険悪な雰囲気になってしまうため、あまり教えてもらうこともなかった。

が。これじゃいかん!と思って料理を始めたのは、1人暮らしがきっかけということもありますが、彼が食べることが大好きな人だから。とにかく食べることが好きだしよく食べるしよく飲むし、「○○のイタリアンがおいしんだよ~」といっては連れて行ってくれ、そこにいくと「ここの○○がおいしんだよ~」とメニューはほとんど彼が決める。

さらには「母親は料理うまかったな~(by彼の弟)」というわけで、軽くプレッシャーを感じつつ、一応料理はできたほうがいいかな、ということで最近がんばってます。

あー、こんなんだったら一口コンロのマンションにするんじゃなかったー。

ものすごくめんどくさがりやな私としては、手間がかからずおいしいもの、ということが前提。そこで手放せないのがこの本。

いつもキッチンからいいにおい Book いつもキッチンからいいにおい

著者:川津 幸子
販売元:オレンジページ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これがですねぇ・・・いいんですよ。まずカテゴリーが「料理の腕、何もいらない」とか「お金がなくても大丈夫」とか「炒めていっちょあがり」とかあって、それぞれに何種類かの作り方が書いてある。とにかく簡単に出来そうなものばかり。

一番お気に入りは「100文字レシピふたたび」というカテゴリーにあるもの。作り方が100文字以内で書いてある。つまりそれだけ簡単なんです。

この本の中でも私がよく作るのが電子レンジ6分で出来る鶏肉の酒蒸し。蒸さないから「酒蒸し」っていわないかもしれないけど。
耐熱皿にとり胸肉をいれてお酒をひたすぐらいと生姜のきったのをちらして、電子レンジで6分。これで出来上がり。そのお肉につけるソースはおしょうゆとお酢とにんにく生姜の刻んだのでできあがり。これをつけるとおいしんだよねー。

そのほかにも豚肉のスペアリブの煮込みとかも超カンタンにできちゃいます。

でもいつも思うのが、料理本に書いてあるものってそのままつくるとあまりおいしくないもの多くないですか?あれはたぶん自分の家庭のなじんだ味じゃないからなんですよね、きっと。
だから私は最初はレシピどおりに作るけど、2回目以降は自分の好みにしちゃいます。
スペアリブの煮込みも本だと豚肉のスペアリブと大根になっているけど、私はどうしても大根だとあわない気がしてじゃがいもにしてみたり。

そしてもう一つ最近気になっているのが、大阪芸人上沼恵美子のお料理番組。「今夜はえみ~Go!」

この番組は大阪でしか放送されていないみたいだけど、とにかくカンタンそう。大阪出張に行くことが多いので、たまたまその番組をみたのですが、とにかくあのトークでテキパキと上沼家の料理を作るんですよ。しかもおいしそう。
あの人味とかにうるさそうだから、おいしそうだし(笑)。
サイトにもレシピがのっています。まだ作っていませんが。
あんな風に豪快につくれたらいいなぁ、と思います。

東京だったらたぶん「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」ですね。これテレビ朝日で確か13時~やっていたような気がします。でもこれは料理のプロの人が作るのを彼女とゲストがアシスタントをしている、というものなので、プロの料理です。

それにしてもどうしてもうまく出来ないのがほうれん草をゆでること。これ・・・・すごく難しくないですか?いつもゆですぎちゃって、かといって時間を短くすると根元のほうがかたかったりして。ゆで終わってお皿に入れようとするとなんか水っぽくなっちゃって、絞ると絞りすぎちゃって固まりみたくなるし・・・・あー、もう!

シンプルなのが、一番難しい。

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31