無料ブログはココログ

« 地獄への道は「善意」で敷き詰められている | トップページ | モテる女性はどこが違う? »

2011年5月22日 (日)

自分の強みを考える

企業の事業戦略を考えるときには「強み」を軸に、
「弱み」をどう補うか、ということを考えるのが基本です。


これは個人も同じだと思います。


多くの人が頭を振りしぼって考えた記憶があるのは
新卒の就職活動の時。


それ以外にも転職をする時、
はたまた独立をする時などに考えるかと思います。


とくに起業をしたり個人事業をはじめて、ブログやSNSなどから
集客をしようと思っている方は
自分の強みやコンセプトを考えるのはとても重要なことです。


しかしながらこの「強み」がなんなのか、ということを考えるのは
とても難しい。


企業も個人もまずはこの「強み」だと思っていることに客観性を持たせること
つまり


「それは本当に『強み』なのか」


ということです。


ドラッガーは

誰もが、自分の強みを よくわかっていると思う。
しかしたいていは、間違っている。
わかっているのは、せいぜい弱みである。



といっています。




あるセミナーに参加した時に事前課題として
周囲の友人に自分の強みを聞いてきて下さい、


というのがありました。


そのときに意外な項目がいくつも出てきて
われながら「目からウロコ」の体験をしました。


「それって強みになるの?」とか
「そういえばそういうことしてたかも」というようなことを感じました。


自分では当たり前だと思って見逃していること、
でも他の人は実はできないことというのが意外とあるのです。


そういうことは自分で一生懸命考えていてもわかりませんよね。
もしも今自分の「強み」がわからない方がいたら
時に周囲の人に聞いてみるのがよいかと思います。


その時はできれば
一定期間友人、知人であり、
さらにできれば言語化能力の高い方に聞いてみるとよいと思います。


そして新卒で就職活動をされている方は、
その強みをきちんとビジネスに変換することを忘れないように。


その強みがあるから、就職したい企業で働いた場合に何ができるのか、
ということです。

« 地獄への道は「善意」で敷き詰められている | トップページ | モテる女性はどこが違う? »

ビジネス/キャリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地獄への道は「善意」で敷き詰められている | トップページ | モテる女性はどこが違う? »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31